<< 映画『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』について | main | 本日キャサリン監督来日! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2007.08.27 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -

監督:キャサリン・リントン プロフィール

キャサリン・リントン監督1992 年より、レズビアンとゲイのためのTVシリーズ『IN THE LIFE』にプロデューサー、脚本家として参加。
『The Evolution Will Be Televised』(2005)、『The Out 100』 (2006)、『Lesbian Sex and Sexuality』 (2007)など、ジェンダーに関するTV番組の製作に関わる。本作は初監督作品となる。

「私たちが撮影のために追いかけた子供たちの声は大きく、はっきりしていた。彼らは社会差別や、家族の拒絶や、前の学校でのいじめや、文化的なバリアや、経済的な困窮などにまっこうから直面してこなければならなかった。そしてもちろん、ティーンエイジャーとして、彼らは立ち上がった。傲慢さからではなく人間として、彼らは自分たちが何者であるかを繰り返し主張した。早い年齢で、自分たちがなんであるかに正直になったほうが、世の中は簡単であることを理解したのだ。もし、ヘトリック=マーティン・インスティテュートがなければ、そしてそこでのサポートを受けられなければ、彼らがそれほど早く確信を得たり強くなったりすることはできなかったかも知れない。

皮肉なことは、このプロジェクトにかかわったすべての者たちが、ヘトリック=マーティン・インスティテュートや、ハーヴェイ・ミルク・ハイスクールなど必要なければいいのに、と願っていることだ。私たちはみな、この映画に出てくれた子供たちや、このインスティテュートの恩恵を受けているほかの何百という子供たちが、安全に高校やアフター・スクールに通えればいい、と願っている。

私たちはこの映画を作るにあたって、真の多様性だけがもたらすことのできる大いなる希望やインスピレーションの証人になれたことを誇りに思います」

スポンサーサイト

  • 2007.08.27 Monday
  • -
  • 18:07
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
このブログについて
映画『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』のキャサリン・リントン監督来日レポートをリアルタイムでお届けします!
selected entries
categories
links
search this site.
recommend
ウィッグ・イン・ア・ボックス~ソングス・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ~(CCCD)
ウィッグ・イン・ア・ボックス~ソングス・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ~(CCCD) (JUGEMレビュー »)
オムニバス,ルーファス・ウェインライト,スリーター・キニー&フレッド・シュナイダー,ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ,フランク・ブラック,ロビン・ヒッチコック,インペリアル・ティーン
この映画のキーとなる『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の楽曲を様々なアーティストがカバーしたアルバム
recommend
recommend
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
counter ブログパーツUL5
others